大きな地図で見る


お陰様で11周年!!ありがとうございます!!

月曜定休日

※営業時間 11:30~22:00(ライス終了で閉店時間前に早仕舞いさせて頂く場合も御座います)

◎全席禁煙です。
※I'm sorry. Our shop refuses entrance of those who can not communicate in Japanese.




9月10日(月)~13日(木)までお休みさせて頂きます。



2012年11月16日金曜日

Advantage



店長です!



1週間ハエーなーと思ってしまう。


またまた開いてしまったブログですが、お付き合いくださいませ。



先日、ニュースで流れていた某ファーストフード店の「没落」。飛ぶ鳥落とすイキオイだった近年、しかし、デフレが続く現在において、低価格競争に歯止めが掛かり、今大変な状況だと言う事。ブランドネームが「安い」と定着している事で、価格を上げられない、店舗数に対しての売り上げが確保できない、深夜営業@赤字店舗による経営コストの圧迫と、某店との差別化はもはや、ユーザー目線で「@安さ」でしかありませんね。






個人的に利用することはありますが、けして「食べたいから」では無く、若干「腹が減ったから」の方が脳の感覚としては高い事が上記した店舗にはあります。世間では色々とOPをつけると、けして「安くない」経営戦略に不景気が+して、安いものを求める人が多くなった昨今、先日も今更、セットメニューをゴリ押しする、メニューの配置には嫌気がしましたが、そんな事あまり求めていない自分にはセットメニューが高いだの安いだのと感じて買った事ありません。だって相対的に十分に「安い」から。。考えること無し。その時点ではソレが食べたいから、たとえセットが¥1000でも買ってしまうだろうなと。



経営戦略を180度変えてもいまさら「価格を上げて」も味が急激に格段に上がるとは到底思えません。全ての戦略を見直す考えは分かりますが、近年定着してきた「ブランドネーム@激安」はそう簡単には払拭できません。ジミに周りから見れば「高価格帯」と思えるものを、周りに惑わされずやってきた某ライバル店舗には寝耳に水でしょう。牛丼店を見れば分かると思います。どこでも食えて、安くて、・・・もっと安くしろ!安くしろ!最近では結局、値段上げてきましたね(上げたといってもこれが通常価格だと思いますがね)



ウチの店も色々と葛藤がありますが、まずは周りに惑わされない@「ブレ無い」営業と申しましょうか、味的のみ申しますが、基本の味はそのまま。逆にドンドンコストを掛けてます。総価格帯は他店より高いと見る方が多いでしょうけど、出てくるカレーのセットは手間隙掛けて、出来る限り「手作り」で仕上げております。


※カレーは温かい状態が保てるように「鉄鍋」と「タジン鍋」で提供しております。そこにライス、サラダが付きます。サラダは自家製のドレッシングを掛けてお出ししますが、市販のドレッシングやパンチの無い物では無く、試行錯誤して出来た特性のドレッシングがカレーはもとより大変人気で、店舗販売をさせていただき、月に約100本以上販売させていただいております。



周りを見渡せる「小店舗」だから出来ることと、極論は作ることが好きなのでしょうね。自分で作ったものにお客様が対価としてお支払いいただいてる事が大きな喜びです。仕入れたものを暖めて、焼いて、提供するお店と違い、その時点から”製作者としての”「責任感」が生じ、お客様との「信頼」に繋がっていく過程が、自分をより高みに導いてくれます。ウチの店を指定して来ていただけてる。そこが第一であって、今よりもよければドンドン改良をして現時点で最良のカレーライスを提供させていただいております。


Advantage



話は元に戻しますが、会社が大きければ大きい程、大きな利益を生み出しますが、上手くいかないときは末端にしわ寄せが来ます。大手電気企業ががそうでしょうね。上記したお店も多くの従業員を抱えてますが、末端にしわ寄せが来る前に先手を打ったと言う事でしょう。また、利益率の高い「飲食業」はそこまで深刻ではないのでしょうか。やっぱ無くなっては困りますからね。。。。


電化製品なんて極論、今の現在「どこの製品」でもそこそこの性能は確保されています。だから、日本の電化製品が売れない。もう「アドバンテージ」が無いのですね。アドバンテージは絶対に必要で、同じような「競争相手」が居る場合は、そこでしかできない技術が必須。そこでしか食べられない物が必須。外国の電化製品は信頼と信用を味方につけ、さらに「技術」までも追従しております。さらに「安い」。。。このままでは勝ち目無いでしょうね。



さて、カリヒオも11月中盤戦!頑張りますョ!



0 件のコメント:

コメントを投稿